よくある質問

よくある質問

鍼は痛くないですか?
当院では、先の丸い鍼(てい鍼)をツボに近づけるという治療法です。ですから全く痛くありません。
なぜ刺さなくても効果があるの?
当院では、滞った『氣』が病を引き起こすとし、その滞っていた『氣』の流れが良くなることで、自分の力で治っていく自然治癒力が高まっていくと考えます。
『氣』は体内だけはなく皮膚の表面にも流れており、刺さなくても『氣』の流れを改善させることができます。ですから筋肉や神経に刺激を与える鍼治療とは違い、刺さなくても効果を出すことができます。
どういった効果があるの?
痛みやしびれ以外で言いますと、『氣』がスムーズに流れることにより、冷えのぼせ、尿が出やすくなると浮腫の軽減など様々です。つまり、一番の苦痛(主訴)以外にある症状(不定愁訴)や気が付かない症状も改善していくことが多々あります。
なぜ脉(脈)を診るのですか?
脉に身体の不調が現れます。脉を診ることによって、どの内蔵のどんな働きが悪いかが判明し、治療方法が導き出されます。治療によって『氣』が流れやすくなると脉も良い変化をしていきます。
病になった原因も判明しますので、日常生活のアドバイスも行えます。
左右の脉(脈)を診るのはなぜですか?
左右の脉で内蔵の脉が違います。両方共3本指で診ていますが、それも全て診るものが違います。しかも1本の指で2つのものを診ます。つまり五蔵六腑(本当は六蔵六腑)の状態を診ていきます。
お灸は熱いでしょ?
いえ、当院のお灸は熱くありません。むしろ気持ちが良いです。弱っている身体に、火傷を起こさせるような熱いものは逆効果と考えます。
時々、症状によって熱さを感じるようにしますが、火傷を起こすほどではありません。それも患者さまの身体と症状を考えながら行いますので、ご安心ください。
治療した日の注意事項は?
入浴をされても問題ありません。飲酒も問題ありませんが、症状によって飲まない方が良い場合があります。その他、何をされても構いませんが、その都度、患者さまに応じたアドバイスをさせていただきます。治療前の飲酒はダメですよ!
治療のペースを教えてください。
急性の場合は数回、間を空けずに続けてもらうことが多いです。慢性症状は2〜3回(1日おき)の後、間隔を開けていく事が多いです。これは患者さまの状態によりますから、一概に言いにくいです。
鍼灸に興味はあるのですが・・・。
電話かメールをしてください。勿論、当院に来ていただいても構いません。判らないことがありましたら何でも聞いてください。勿論、無料です。ただ、メールの場合は確認に時間がかかることがありますので、ご了承ください。
治療時間は?
初診時は問診などで30分程度。2回目からはもう少し短くなります。ただし、症状によっては時間がかかる場合もありますので、ご了承ください。
どんな服装が良いですか?
膝から下、肘から先、お腹と背中が出る格好でしたら大丈夫です。一応、こちらでも着替えをご用意しておりますので、安心してお越し下さい。
治療はクセになりますか?
当院では患者さまの状態に合わせた治療を心がけています。よって、クセにはなりません。
鍼灸のリスクってありますか?
一般的には気胸、内出血、感染、折鍼(体の中で鍼が折れて体内に残る)などが考えられますが、当院では刺さない鍼を使用していますので、これらの事故は起しません。
可能性のあるものに瞑眩反応(めんげんはんのう)という、治療後、一時的にだるくなることがありますが、今まで動きにくかった『氣』が動き始めたことによって現れる症状です。一時的なものですのでご安心ください。
不妊症に効果はありますか?
不妊症がお悩みで来院され、通院後、ご懐妊される方はおられます。
当院の治療は、内蔵の働きを正常にし、本来、人間が持っている自然治癒力を高めることを目的としています。その一つの効果に卵巣や子宮の働きの改善も含まれ、妊娠の確率が高くなります。
小さな子供がいて治療に行きにくいのですが・・・。
当院にも子育て中のスタッフがおります。治療中は相手をさせていただきますのでご安心ください。ご予約の際にご確認ください。
また、落ち着きのないお子さんや、一時も離れたがらないお子さんの場合もご相談ください。小児鍼で改善することもありますのでお勧めします。