ブログ

やっとの思いで・・・・・

今朝、3時半頃だったでしょうか。

奥様に起こされてしまいました。

 

眼を覚ますと奥様が座っており「破水したみたい」と顔をゆがめておられました。

そんなに痛くは無いんだとか。

 

 

ついに来たか、ってなもんで起き上がり、顔を洗い、着替え、4時前には家を出ました。

病院はうちの治療院の近くですから、4時には着いたでしょうか。

 

3人部屋に案内された頃には少し痛みがあり、間隔も5分おきに狭まったようです。

それから約10分後。

痛みが2~3分おきになったので看護婦さんに連絡すると、

すぐに沐浴室に連れて行かれ分娩台に乗せられました。

 

 

胎児の心拍数と奥様の陣痛の状況を知らせるものをつなげられました。

時間経過は下から上に向かって流れています。

 

CIMG4806

 

山になっているところが陣痛が来ているところ。

 

と言っても奥様は余裕のご様子。

 

CIMG4807

 

何故かと言いますと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

CIMG4808

 

ツボ、触っちゃいました。f(^_^;)

 

CIMG4809

 

ツボ触ってからの陣痛の変化がお判りでしょうか。

小刻みに来ていたものが、大きくゆっくり来るようになりました。

 

また、胎児の心拍数にも少し変化が。

乱れ気味だったものが落ち着いたように見えます。

 

 

 

と言っても、今度は陣痛の痛みが半端ではなくなったようです。

ま、これは良い事なんですけどね。

奥様には耐えてもらうしかありませんでした。

 

 

その後、看護婦さんが胎児の様子を触って

「こりゃ、破水はしていないね~。」

というお言葉。

破水しないと産まれないようです。

 

でゴニョゴニョ触っていると破水しました。

これで出産の準備完了です。

 

 

 

 

そうこうしているうちに6時半になり、奥様のご両親へ連絡。

8時に駆けつけていただきました。

 

 

お義母さんがおにぎりを作ってきてくださったとの事。

朝食がまだだった私に勧めてくださいました。

私も素直にいただく旨を伝えると、3人部屋へお義母さんと一緒に行き、

「しっかり食べて」と、おにぎりを出してくださいました。

 

CIMG4811

 

では一つ・・・・・・・・・・・・・と食べていると、

「あの~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・早く行ってあげて」・・・・・・・と。

 

(;ಠิ♊ฺಠิ)えっ…!

 

「あの子は心配性だから、早く行ってあげて」・・・・・って、食べ始めたばかりじゃん。

 

「あ・・・・・あぁ。判りました」

 

と言いながら、結局は2つも食べてしまいました。f(^_^;)

 

 

食べ終わって足早に沐浴室に向かうと、奥様はかなり唸っていました。

 

その状態がかなり続きましたが、看護婦さんは「かなり良い状態だ」と。

「子宮口がかなり開き、踏ん張った時に子供も出てきそうなんだ」と。

「でも、力みを止めると引っ込むんだ」と。

 

高齢出産の悲しさのようです。

踏ん張る力が無いんですね~。

 

 

 

10時半。

「仕方が無い」ということで医師を呼ぶことに。

 

 

数分後、医師が入ってこられ、胎児の頭を吸引。

会陰を少し切開。

 

 

10時40分。

無事に産まれました~~。ヽ(*´з`*)ノ

 

CIMG4812

 

性別は何もぶら下がっていなかったので女の子のようです。

 

病院に到着してから約6時間40分。

医師の手を借りたとは言っても、自然分娩で大安産です。

 

CIMG4820

 

私の目じりがデレ~~っと下がっているように見えますが、

正直、全く実感が湧きません。

ちっちゃくてメチャクチャ可愛いのに何ででしょうね~。

まあ、実感という物はこれからジワジワと湧いてくるものなのかも知れませんね。

 

友人にこの事を伝えると

「やっとの思いで8月10日とはなかなかだ」と。

ほ~。

上手い事を言うな~。

 

 

 

産後、奥様のお体に異常はありませんでした。

と言いましても、当分は子宮収縮のために苦しむようです。

 

私がいる時も痛がっていましたが、例の如く、ツボを触って緩和させました。

こうしていると回復も早いはずです。

 

治療院復帰は1ヶ月後になるでしょうね。

 

 

 

 

「お義母さんの気持ち、解るわ~」と思われたお方、ポチッとな。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村



ランキング、参加中です。f(^_^;)

コメントはまだありません >>

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


コメントする