ブログ

お子さんをご希望の旦那さま 応援します!! その2

 

前回のブログから半月以上も経ってしまいました。

いつも手が遅くて申し訳ありません。

 

え~・・・何から書きましょうか。

 

まず、前回のおさらいを。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

不妊にお悩みの女性の多くは、「旦那は不妊治療に前向きでない」と不満を持たれております。

 

「その認識は少し違いますよ」と書きました。

 

「旦那さまは本心からお子さんを望んでいる」

「温度差はわざとつけている場合がある」

「何をしたらいいのか分からない」

 

ただ、それだけなのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

と、ここまでが前回の内容でした。

「じゃぁ、どうすんのよっ!」ってことですが・・・・・

 

少々ダブりますが、

旦那さまは奥さまと同じくお子さんを心からお望みですが、表現方法が違うだけなのです。

 

 

しかし、多くの奥さまは「私と同じように行動してくれない」と怒っておられるのです。

きつい書き方をさせていただきますと、

「私と同じ行動か、それ以上の行動でないと納得いかない」

と言っておられるのと同じなのです。

 

 

「そんなことない」と思われる方も多いかと思いますが、おおむね、そういうことです。

 

 

そして、はっきり言って無理な願いなのです。

しかもこの考え方、不妊治療にとっては本当に大敵なのです。

 

 

「私は正しく、旦那は間違っている」と言って夫婦仲を悪くし、それがご自身の体にも悪影響を及ぼしています。

まるで、自分の子供以外に害を与えている鬼子母神のようです。

 

鬼子母神はお釈迦さまによって諭され、子供と安産の守り神になったようですが、

一般の女性には中々ハードルの高い変化です。

 

 

 

数ヶ月前に来られた患者さんの話をします。

20代の女性ですが不妊治療に来られました。

お身体を拝見し、胃腸の疲れ以外にそんなに悪いところは無いように診えました。

ただ、体温が低いとのことでしたが・・・・・。

 

その方は、とにかくお子さんをお望みで、その気持ち・悩みが強すぎて気分を悪くされたり、

旦那さまや周囲の人たちにも当たっておられたようです。

 

私は心の問題が大きいと思い、治療しながら心もほぐしていくことに力を注ぎました。

かなり気持ちが和らいだと思っていると、ご懐妊されたようです。

 

「全て気持ち次第だ」という気は全くありませんが、心と身体はかなり関係深いと思っています。

 

 

先に挙げた例を「妊娠できたのは若いからじゃないの?」と思わないでください。

私が言いたいのは「若くても、心の持ちようによって妊娠しにくくなる」ということなのです。

 

 

ますます「じゃぁ、どうしたらいいのよっ!!」って声が聞こえてきそうですが・・・・・。

 

 

まず、考え方を変えましょう。

 

 

これはまた、後日ということで。(怒らないでくださいね)m(__)m

 

 

 

 

最後に、ご懐妊された方の後日談ですが、奥さまが喜び勇んで旦那さまにご懐妊を伝えると

 

「ふ~ん。良かったね。」

 

と言われたとか。

そこでまた「ど~してもっと喜んでくれないのよ!」とご立腹だったそうですが・・・・・。

 

 

 

ランキング参加中です。(*^_^*)

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

コメントはまだありません >>

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


コメントする