ブログ

「人体解剖学実習」のススメ

今回の内容は一般の方にはご興味が無いかもしれません。

医師&医学生以外の医療従事者(例えば鍼灸師や柔道整復師、按摩・マッサージ・指圧師、カイロプラクターなど)

に向けての内容になります。

 

しかし、それ以外の業種の皆様にも医療業界の端っこの状況を理解しやすいように

説明していきたいと思います。

 

現在の日本で、みっちりと高度な解剖実習を行おうと思えば、医学生になるしかありません。

私は鍼灸専門学校にいましたが、授業の一環で2回くらい解剖をしました。

しかしそんなもので人体構造が解るわけがありません。

鍼灸大学に行けば、もう少しましな解剖実習があったでしょうが、

それでも医学生のようなわけにはいきません。

 

私はカイロプラクティックの専門学校にも行きました。

こちらは希望者のみ、海外で一週間の解剖を行えるツアーがありましたが、

何も解らない者の前にご遺体を置かれて「さあ、お好きにどうぞ」と言われても「どうすれば?」

という状態だったのを覚えています。

 

つまり医師&医学生以外の医療従事者は、

「解剖の知識は知っていても実際に十分触って得た知識ではない」と言う事が言えます。

 

そして重要な事は「望んでも解剖をする機会・場所が無い」と言うことです。

私が「解剖させて欲しい」と医大に行っても門前払いを食らうでしょう。

当り前です。

 

しかし、それを可能にしてくれる会社があります。

合同会社T’sCreate

 

プライベートレッスンに近い状態で、講師が知りたい事を教えてくれます。

しかも解剖のテクニックも教えてくれるので、理解力は紙面上の知識に止まりません。

インドネシア大学公認のプログラムで、終了時には大学公認の修了証が渡されます。

 

今まで日本になかった解剖実習で、何とも贅沢な内容となっています。

 

しかもこの会社、山口県の宇部にあるのです。

 

「開業したけど、もっと人体を理解したい」という治療家の皆様、

一度、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

コメントはまだありません >>

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


コメントする