ブログ

お子さんをご希望の旦那さま 応援します!! その3

やっと梅雨も明け、爽やかな夏に・・・・・全くなっていませんね。

湿気の度合いが少~~~~~~しだけましになった気もしますが、

その分、暑さが増したので堪らんです。

 

 

さて、お待たせしております。

お子さんをご希望の旦那さまを応援するシリーズですが、その先を書いていきたいと思います。

 

では、恒例の前回のおさらいから。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「妊娠したい」という強い気持ちが自分も傷付け、旦那さまを攻撃しています。

その前向きなお気持ちはとても大事ですが、それがご自身の心や体だけでなく、

旦那さまを傷つけ、しかもそれが問題だとは思っていないことが問題だ、と書きました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

と、文字にすると結構、きついことを書いてますね。m(__)m

しかし私は、この悪循環に陥っておられる方は少なくないと思っています。

 

複雑になってしまった心や気持ちの問題は、かなりさかのぼって考えてみましょう。

 

まず、奥さまだけでなく、旦那さまもお子さんを望んでおられる。

 

これは間違いないとしましょう。

これは信じていただけますよね?

この大前提が崩れてしまうと・・・・・。

 

 

次に、感情の表し方は男女や人によって違いがある。

 

これも言われてみればそう思っていただけるかと思います。

「判るけど、自分の旦那だから余計に腹が立つ」とお考えなら、旦那さまが可哀そうです。

東洋思想では夫婦は陰陽関係で、二つ揃って一つになることができるのです。

片一方だけでは成り立たず、お互いの良い所を分け合い、無いものを補い合うのです。

つまり、奥さまの足りないところを旦那さまが補ってくれているのです。

 

違いが魅力でもあったりするのです。

 

img01

 

どうしても腹が立つ場合は、「こうして欲しい」と希望を言いましょう。

しかし、多分無理です。

でも、それで諦めても良いと思います。

どうせその希望は叶いませんし(旦那さまは思った以上に表現方法が違うのです)

無理やり叶ったとしても(押し付け)お互いに遺恨が残るだけです。

 

 

では、どうしたら良いのか。

 

希望があれば素直に言い、それを押し付けない。

 

それだけで良いと思います。

期待するから期待通りにならないと腹が立ち、文句を言ったり変な態度を取ってしまうのです。

期待しなければ良いのです。

 

こちらから押し付けるから、嫌がって逃げられます。

こちらが引けば、向こうからご機嫌をうかがってきます。

元々、目的は同じなはずですからね。

 

 

そして、旦那さまに無理な期待をしないことで最大の利点があるのです。

 

それは奥さまのお身体が健康になるのです。

 

不妊のストレスは本当に凄いものがあります。

患者さんからの話や、お身体を診させてもらうとそれが本当によく判ります。

それが無くなるだけでも、かなり妊娠の可能性は上がるものだと思います。

 

いつまでも旦那さまのことを気にしてストレスを溜めるより、

楽しい不妊治療・妊活ライフを楽しみましょう。

 

 

ランキング参加中です。(*^_^*)

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

コメントはまだありません >>

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


コメントする