ブログ

”冷えのぼせ”してませんか?

先週末より急に寒くなってきましたが、12月に入ったので当り前ですね。

ただ、徐々に寒くなるならまだしも、急に冷え込むのだけは勘弁して欲しいものです。

 

この時期・・・だけじゃないのですが、やはり”冷え症”の方は多く来院されます。

そして、漏れなく”のぼせ”がセットで現れています。

 

冷え症は誰でも想像が付くと思いますが手足が冷える現象で、酷い人はお腹や足腰、全身が冷える方もおられます。

一方、のぼせはどのような症状かと言いますと、顔や頭がボーっと熱くなるのが一般的です。

その他には頭痛、口の渇き、耳がかゆい、ドライアイ、鼻づまり、肩こり・・・と肩から上に熱が上って起こる症状があります。

暖房が効いた部屋で他の人は平気なのに、頭や上半身にしっとりと汗をかくという人もおられます。

これらは全て”のぼせ”と言える症状です。

決して代謝が良いのではありません。

 

冷えのぼせ
 

東洋医学的に説明しますと・・・

下腹の力が落ちた時、暖かい力を下に引き下げる力が落ちるため、上に熱が上って下りてこなくなるのです。

よって、下(手足など)が冷えます。

 

鍼灸ではどのように対処するのか?

簡単に説明しますと、上にある熱を下に下ろす事と、下腹の力を付ける事をやっていきます。

そうする事により、手足は温かく、上半身はスッキリしてきます。

 

治療後
 

靴下や、湯たんぽなども悪くはありませんが、身体の不調を整えた方が、健康的な生活が送りやすくなります。

 

お試しあれ。

 

ランキング参加中です。


にほんブログ村

コメントはまだありません >>

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


コメントする